「家の寿命」中古住宅は新築と築10年でどれくらい価値は変わるのか?

「家の寿命」中古住宅は新築と築10年でどれくらい価値は変わるのか?

家には寿命がありますが、きちんと手入れしていれば住み替えることなく、住み続けられます。しかし住みやすい家であるかは別で、定期的なメンテナンスとともにリフォームの検討も必要になるでしょう。この記事では、新築から10年経過するとどれくらいの資産価値が落ちるかを調べました。

中古住宅を購入しようとする方々はなるべく築年数が新しい物件を希望するものです。しかし、一般的な木造住宅は価値が年々下がっていきます。中古物件の中でも築10年は新しい方とも言えますが、新築時と築10年では価格もだいぶ下がります。

いったいどのくらい下がるものでしょうか。

新古物件と中古住宅、新築の違い

「新築」とは、一般的に誰も住んだことがない住宅を意味します。しかし建築してから1年を過ぎてしまうと新築とは表示できないことになっています。

ただ、1年を過ぎても誰も居住していない物件を「中古住宅」として取引するのも、不思議な感じがしますよね。そこで新築後2年未満であれば中古物件と言わず新古物件と記載することもあります。

ただ新古物件とは正式名称ではないので、建築後1~2年の物件をこうした名称で呼ぶこともあると覚えておく程度でいいかもしれませんね。

高値で売却しやすいボーダーラインは築10年

中古住宅の売れ筋は、一般的に新築後10年までと言われています。新築を購入しないことを決めた方々は「中古と言ってもできるだけ綺麗な住宅がいい」と、築10年未満の物件に注目することも多いです。

不動産査定のイエイで高額査定

新築時点では傷がなかった床も壁も、無傷のまま10年が過ぎることはないでしょう。生活していれば、小さな傷が発生してしまうのは仕方がないことですよね。新築してから人が住むことにより、生活の跡は至るところに感じられるのが普通です。

また、キッチンや浴室、トイレだって使い方次第では劣化が目立つこともあるのではないでしょう。水回りに関しては、カビが発生してしまうこともあります。

物件を内覧した時に、10年を経過した住宅では、やはり生活感が住宅内部のあちこちに表れてしまうものです。そこで、やはり売りやすい中古住宅は「築10年まで」と言われるのが現状なのです。

ただ10年が売れる・売れないの境目になるわけではありません。最近ではリノベーションを前提とした中古住宅の売買が盛んになっています。新築同様の高値で売ることは難しいですが、購入者にとって必ずしも築浅が条件ではないということです。

もちろん築年数が浅い方が、より多くの人が興味をもつことに変わりはありませんが。

不動産を売る場合ですが

高く売るためには、複数の不動産会社へ査定依頼をすることは必須条件です。
1つだけでなく、必ず複数の不動産会社に査定額を聞きましょう。
不動産無料一括査定はこちらからできます。

築10年の住宅の価値

新築してから約10年。売却する側としても「まだまだ新しい」という意識もあり、できれば購入した当時くらいの金額で売りたいものですよね。しかし「中古」となれば、年々その価値は減少していきます。

築10年で価値は半減する

国土交通省資料「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」の11ページを参考にすると、一般的な木造住宅では新築時を100%とした場合、築10年では45%というグラフになっています。

木造戸建住宅は10年で不動産価値半減

つまり、価値は築10年で半分程度にまで下がってしまうことになります。

築25年になるとゼロに等しい

築25年では10%にまで下がってしまうので、住宅の価値はゼロとみなされてしまいます。売買する場合では、約20年過ぎた物件はゼロとして考えられるのが不動産業界の考え方と言われています。この考え方は税法上の木造住宅の耐用年数が22年のため、減価償却により価値が25年経過でゼロになることからきているようです。

大きなお金を出して買ったものも、ゼロになるなんて切ない感じもしますよね。ただし、ここでいう「価値」とは資産としての価値の意味です。実際には、価値がゼロに等しい築25年の物件でも、居住していた人が綺麗に清潔に使っていれば、傷も目立たなくカビなども少ないのではないでしょうか。

また、不具合が出た時にはその都度リフォームで内装や外壁を直したり、設備の交換をしていれば、まだまだ十分に生活が可能と言えるものです。ただ、不動産を売却するとなると、新築と築10年では半分ほどの価値まで下がると覚えておくといいかもしれません。

今、新築で購入した方はこれからの10年を考えなければいけません。「今から10年後における、家やマンション等の不動産価値と売れる可能性」では、人口や空き家率から住宅価値がどのように変動するのかを考察していますので、こちらも合わせてご覧ください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 分譲マンションを売却してから、いつ現金でもらえるのか?

    今住んでいる分譲マンションを売却したいと考えています。この間査定見積もりをだしてもらったところ立地条件や築浅などで予想外に高値で売れる事がわかりました。 マンション売却交渉が成立して、その売却したお金というのは即現金で頂けるのでしょうか?

  • マンション売却で新築価格を買主に伝える必要はある?

    マンション売却中で最初はちょっと高めで売り出しましたが、1か月でほぼ相場に値下げしました。しかし売り出して1ヶ月半、内覧は5組で売却できそうになさそうです。 新居に既に引っ越したので、今後は空き家での売却活動ですが、売れなければ、ずっと管

  • マンションはチラシの価格で売却できるのか

    1500万円で築年数20年の中古マンションを購入しましたが、売却したら売却価格はいくらぐらいが妥当でしょうか? マンションの郵便ポストに自分の住んでいるマンションを予算1700万円で探している方がいるというチラシが入りますが、その価格で本