土地の資産価値は、将来性と道路や形状等の利便性に左右される

土地の資産価値は、将来性と道路や形状等の利便性に左右される

建物の不動産価値は1年ごとに減少していきます。住んでいるうちに少しずつ劣化をしていくので新築が中古と言われるのは仕方がありません。また一般的な木造住宅は約20年が過ぎれば資産としての価値はゼロになると言われています。ここでは土地の資産価値をご紹介します。

土地の価格は下がり傾向にある

かつての日本では高度経済期と言われる時代からバブルが崩壊した頃まで「土地」の価格の高騰が続いていました。しかし、その後は土地代データによると、1991年ごろをピークに土地の価格が下落傾向になっていることが分かります。

土地価格が下がる理由は人口減少

全国的にみても土地の価格は下がっている傾向にあります。これは、やはり現代の少子高齢化が影響しているとも言えます。子供の数が減ってきているため、人口減少はますます進んでいくでしょう。それにより土地の需要は減り、どんどん地価が下がることになります。

ただ、すべての土地で価格が下がっているわけではありません。人が集まる利便性がよい土地では、人気があるため土地価格の参考基準の地価は下がることがないと言えます。

住みやすい土地は価格も下がらない

不動産の購入は、一生に何度もあるものではありません。快適な暮らしを求めて不動産を購入しますが、住んでみることで不便を感じるケースもあるでしょう。

車があって利便性を重視しない場合、少し郊外の静かな土地を購入すれば、高齢となった時に不便と感じることもあります。やはり徒歩範囲内にスーパーや病院、銀行などが集中している土地は便利で若い世代から老後まで不便と感じることはないものです。

若い世代にも高齢の世代にも受け入れられる住みやすい土地は、年代を問わず購入希望者が多いため、土地の価格は下がりにくいと言えます。スーモジャーナルによると、国土交通省発表の土地白書では利便性の良い地域、あるいは住環境に優れた地域の住宅地では価格の上昇傾向も見られています。

やはり利便性のいい都市部は地方都市に比べると、土地の資産価値は下がりにくい傾向にあります。

土地の価値は周辺環境で変わる?

土地は、建物と違ってそれ自体が劣化するということはありません。ただ土地の資産価値として評価される時には、立地やさまざまな条件によって変わります。

利便性のいい土地かどうか

一般的に駅やバス停、スーパー、病院、学校など日常生活に密接に関わる施設に近いことが土地の価格を左右します。利便性が良い土地は買いたい人も多いので値段は上がり、売却の時には希望価格で売りやすい土地です。

土地の形

土地の形はさまざまありますが、一般的に価値がある土地は長方形の使いやすい形状です。三角形や多角形の土地は建物も建築しにくく、価値としては下がります。

土地と道路の関係

土地にはいろいろなパターンがあって、1本の道路にしか接していない土地や2本の道路に接している土地もあります。中でも、角地と言われる土地は出入りしやすいため、土地の価値は良いと言えます。

そして接している道路の幅にも注目です。いくら2本の道路に接していても、交通量の多い広めの道路と車が交差するのがやっとの道路を比較すると、前者の方に価値があります。

また旗竿地と呼ばれる道路に2m程度しか接しておらず、そこから奥まった場所に建物を建てる形状の敷地は、土地の価格は安く資産価値としては低めです。しかし人気のエリアであれば、こうした形状でも価値は高くなることもあります。

購入時には売却時のことも視野にいれる

一戸建ての住宅に住む場合に欠かせない土地選び。多くの人は快適に暮らしやすいかを考えがちです。

しかし将来売却することになった場合、利便性や形状、接道状況で難が見られる土地は、売りにくい傾向にあります。次の買い替えや購入時には、他の人も欲しがる土地かを考えて購入するのが理想的です。

参考リンク:「家の寿命」中古住宅は新築と築10年でどれくらい価値は変わるのか?

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 分譲マンションを売却してから、いつ現金でもらえるのか?

    今住んでいる分譲マンションを売却したいと考えています。この間査定見積もりをだしてもらったところ立地条件や築浅などで予想外に高値で売れる事がわかりました。 マンション売却交渉が成立して、その売却したお金というのは即現金で頂けるのでしょうか?

  • マンション売却で新築価格を買主に伝える必要はある?

    マンション売却中で最初はちょっと高めで売り出しましたが、1か月でほぼ相場に値下げしました。しかし売り出して1ヶ月半、内覧は5組で売却できそうになさそうです。 新居に既に引っ越したので、今後は空き家での売却活動ですが、売れなければ、ずっと管

  • マンションはチラシの価格で売却できるのか

    1500万円で築年数20年の中古マンションを購入しましたが、売却したら売却価格はいくらぐらいが妥当でしょうか? マンションの郵便ポストに自分の住んでいるマンションを予算1700万円で探している方がいるというチラシが入りますが、その価格で本