一戸建ての売却は賃貸と同じ不動産屋より大きい会社の方が良い?

一戸建てを所有していますが、離婚してから借家に引っ越ししました。ただ一戸建ての借り手が見つからず、住宅ローンの返済も苦しくなってきたため、売却しようと思っています。正直、何から手をつけていいのかまったく分かりません。どの不動産業者に依頼すれば良いかも分かりません。

現在賃貸の広告を出してもらっている不動産屋は、地元の小さい店ですが、そこに頼むより大きい会社に依頼した方がいいのでしょうか?

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

不動産を売却する場合は先ず、不動産仲介業者と媒介契約(取引の仲介を依頼する契約)を締結します。媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があり、どの契約を選択するかについては、それぞれに長所や短所がありますので、ご依頼される仲介業者と良くご相談の上、お決めになれば良いかと思います。

ご依頼される不動産会社の規模についてですが、大手だから信頼でき、販売力もあり、早く、より高く売れるという保証は何処にもありません。不動産業者は、買い手を広く探すために預かった物件の情報を、レインズと呼ばれる不動産業者同士が市場に出ている物件情報を共有する為のデータベースに登録する義務があります(一般媒介契約には登録義務はありませんが、ほとんどの場合登録します)。

新規物件がレインズに登録されますと数日以内に、同エリア内の他不動産業者は、物件の情報を元に買い手を探し始めます。不動産流通の仕組はこの様になっていますので、入り口が大手であっても零細であっても、いざ流通段階になるとあまり差が出ません。

不動産の売却はタイミングが大事ですので、大手かどうかよりも、合理的で根拠のある、的確なアドバイスをしてくれる不動産業者、営業マンに任せることをお勧め致します。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...