aaa
不動産会社に仲介ではなく、買取で売却をするメリットとデメリットを学ぶ

不動産会社に仲介ではなく、買取で売却をするメリットとデメリットを学ぶ

不動産を売るという経験は頻繁にあるものではありません。一生に一度あるかないかの経験ですが、不動産を売却するには、多くの方が不動産会社に依頼します。

しかし不動産会社に依頼するにも、売却には仲介と買取の2つの方法があります。慣れていない不動産売却だからこそ、どちらが良いのか悩みは尽きません。ここでは不動産を買取してもらう時に、知っておきたいポイントをご紹介します。

売却には2パターンある

どちらも不動産会社が絡む点では同じですが、いくつか違う点があります。まず不動産を売却するには買主がいなければ、成立しません。ところが、初めて不動産を売却する人が自分で買主を探すのは少し無理があります。

そこで、不動産会社に依頼することになります。依頼する場合には仲介か買取のどちらかを選択します、その違いをご説明します。

仲介

まず仲介での売却。こちらは売却したい売り主と購入したい買主の間を不動産会社が取り持つ方法です。不動産会社は、売り主から依頼された不動産の広告を出すことで買主を探します。買主が見つかれば、不動産会社が間に入って、売買契約の手続きをサポートします。プロに任せることで、トラブルの多い不動産売買もスムーズな取引ができます。

買主が見つかり、契約した場合には仲介手数料として不動産会社に一定の費用を支払う必要があります。

不動産売却の仲介手数料

買取

一方、買取での売却。こちらは自分が売りたい不動産を不動産会社が直接購入します。つまり、不動産会社が買主となるわけです。もちろん広告などは必要なく、買主を探す手間が省けるのですぐに手元にお金が入ってくるのが魅力です。

買取のメリットやデメリット

買主が不動産会社なのか一般の人なのかという点が最も大きな違いになります。

メリット

売却までの期間が短い

仲介の場合、購入希望者が現れない限り不動産の売却ができません。その間、早ければ2~3か月程度、売却まで長ければ1年以上かかってしまうケースもあります。しかし、買取では、買主を探す必要がないため、スムーズに不動産を売却できます。

周囲に知られずに売買が可能

広告を出さなくていいため、周囲に不動産を売却する事実を知られずに済みます。不動産の売却には知られたくないデリケートな事情が隠されていることもあるので、売却できることをメリットに感じる方もいます。

瑕疵担保責任がない

仲介による個人間の売買の場合、契約内容によりますが、売却してから一定期間の間に欠陥が発見された場合に修復しなければいけません。買取の場合、売る相手が業者なので意図的に隠していない限り、責任を負う必要がありません。

デメリット

売却価格が安い

不動産会社は買取した不動産を転売します。その際、売るためにリフォームをしたり費用をかけて、より高く売れるようにします。しかし、すぐに売れるとも限らないこと、売れない場合には値下げを行うことも考慮に入れて、総合的に買取金額を低くします。

買い取れないこともある

転売する以上、売れない不動産を買い取ることはできません。古すぎたり、立地が悪すぎたり、どうしようもない土地は買取できないこともあります。

スピード重視には買取

仲介と買取にはメリットやデメリットがあります。不動産を売る理由は人それぞれですが、買取と仲介の違いによると、買取はストレスが掛からないと書かれています。

あまり不動産売却に悩みたくない方、どうしてもすぐに手放したい事情がある方は、買取をお願いできる不動産会社を探すのが良いでしょう。買取を不動産会社に頼んだ場合、査定から契約完了まで2~3週間という短期間で売却できます。

不動産買取の流れ

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 実家の買取価格が1500万円だった場合、不動産会社はいくらで売りに出す?

    実家を売ることになりました。三件の不動産屋に査定してもらったところ、高いところで1500万と言われました。不動産屋に1500万で売却した場合、不動産屋はいくらくらいで販売するのでしょうか?

  • 不動産業者への買取は、すぐにお金が入ってくる?

    家を売買する際、不動産業者に査定をしてもらうのが一般的だと思いますが、その際に不動産業者に買取してもらうことも可能だと聞きました。やはり査定額より半分ぐらいになるのでしょうか? 家は古くて雨漏りもあります。もし不動産業者に依頼すると買い手

  • 不動産の買取保証の記載は、売買契約書と重要事項説明書のどちらに?

    新築の一戸建てを買う条件で、今住んでいる家を売却する予定です。不動産会社が1月までに売却できなかったら、弊社が○○万円で買取保証すると言ってます。その場合、売買契約書の中、もしくは重要事項説明の中の、どちらに記載してもらうのでしょうか?両方

  • 買取金額が1500万と話していたのに、300万円も値下げ要求

    マンションを売りに出してますが、例えば2500万円で売り出して、買取では1500万円だと最初に不動産会社の人と話があったとします。 何組かの内覧が来て大変気に入り、ほぼ決まりというところまできました。印紙代の1万円と手付金を手にする準備を

  • 買取業者に仲介業者を通してマンション売却

    都内に所有しているマンションを賃貸に出していますが、まもなく解約ということで売却することにしました。一括査定で大手不動産業者数社から売却査定をいただき、そのうちの一社に、買取時の価格も査定していただけないかとお願いしたところ、この不動産会社

関連する売却体験談

神山さん(仮名・40代)
静岡県下田市

生活費のために購入した土地を不動産会社に買取依頼。早く売却する必要もあったので、購入価格の半額以下で売却したのは失敗。

購入価格
850万円
ローン残債
0万円
売却価格
340万円