不動産売却体験談

築40年の親譲りの家を売却

この記事をシェア

私が売却したのは築40年の伝統ある家でした。作りがかなり昭和な感じですが、かなり凝ったデザインになっており、その地域でも少し有名な日本らしい家として知られていました。

親がその家に住めなくなって、親からその家を譲った私自身も自分の生活が既にあったので家は惜しみながら売却することにしました。

築40年たっていてもお手入れがしっかり行き届いており、まるで旅館のような雰囲気でもあり、好きな人は本当に好きなデザインで買い手がつくのも早そうだと感じました。宣伝を始めていくと案の定相談や見学は非常に多くありました。

買い手が決まるまではだいたい1か月でした。ペットの指定や用途の指定などは特になかったので、カフェのようにしてくれてもよく、家族でのんびり過ごすのに使ってもよいという感覚でした。

価格はだいたい4000万円程度でしたが、業者に頼ってしまうよりは高く売れるようだったので満足でした。敷地が広かったのもあり、価格はかなり高めになりましたが買い手も満足してくれていました。

和風で伝統を感じるような家は最近ではほとんどないので希少価値も高いのだそうです。築年数が長くても、逆にそれが良いという方もいるようなので工夫して売却するとよいでしょう。

この記事をシェア
Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

関連する売却体験談

宮地さん(仮名・40代)
北海道札幌市清田区

住み替えのために売却。地区根数の多い一戸建ては売れにくく、もし可能なら空き家にしたほうが良いかもしれないとのこと。

購入価格
1000万円
ローン残債
650万円
売却価格
700万円
白石さん(仮名・60代)
栃木県日光市

知人に紹介してもらった人に一戸建てを売却。不動産会社は通さなかったので、仲介手数料はかからず、2ヶ月で引き渡し完了。

購入価格
300万円
ローン残債
0万円
売却価格
400万円

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却記事

関連する不動産売却の相談

  • 空き家を売却するための解体工事に伴う杭基礎撤去

    空き家を解体して売却する予定です。解体工事で基礎をめくると杭基礎がでてきました。媒介契約を結んでいる不動産の見解は抜くことを進めます抜かないと売却価格も下がるし売却しにくい抜くことによって近隣への影響はまずない抜かずに売却したら後々トラブル

  • 条件の悪い上物付の土地を売却する方法

    上物付の土地の売却について質問です。祖父が亡くなり、家と土地を相続しました。私自身も家を建てるための土地を購入したので、相続した土地を売却したいと思っています。 上物があるので、そのまま売却するのは難しいことは理解しています。ただ解体する