不動産売却体験談

築10年の一戸建てを不動産取引した

この記事をシェア

築5年程度経過する物件を購入し、自分で少し生活しながら持ち前の大工の力も使って家をリフォームして少し資産価値を上げてから売却をして利益を出そうとしていました。

もし売れなくてもそのまま生活していけばよいと思っていましたが、築10年くらいになったときに売却を決定しました。まずは、一戸建ての情報をしっかりまとめて宣伝しやすいように工夫しました。

さらに、不動産取引するために不動産屋や売却を手伝ってくれる業者も頼って、広範囲に宣伝をしていきました。リフォームしたのは主に収納部分で法的にも問題にならないようにしたので安心して手続きできました。

部屋数も独り暮らし向けではなく、私一人で使用するにはかなり広かったので使わない部屋も多く、ほこりがたまっている以外はきれいな状態でした。資産価値としては一番最初の購入時にかかったときより増やせていたので、満足でした。

生活しながら大工の力を発揮していっただけで数百万円の利益になるのですから、個人的には十分だと思っています。最初に資産は必要ですが、一度購入できるようになれば資金面で困ることはなかなかないです。

この記事をシェア
Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却記事

関連する不動産売却の相談

  • 分譲マンションを売却してから、いつ現金でもらえるのか?

    今住んでいる分譲マンションを売却したいと考えています。この間査定見積もりをだしてもらったところ立地条件や築浅などで予想外に高値で売れる事がわかりました。 マンション売却交渉が成立して、その売却したお金というのは即現金で頂けるのでしょうか?

  • マンション売却で新築価格を買主に伝える必要はある?

    マンション売却中で最初はちょっと高めで売り出しましたが、1か月でほぼ相場に値下げしました。しかし売り出して1ヶ月半、内覧は5組で売却できそうになさそうです。 新居に既に引っ越したので、今後は空き家での売却活動ですが、売れなければ、ずっと管

  • マンションはチラシの価格で売却できるのか

    1500万円で築年数20年の中古マンションを購入しましたが、売却したら売却価格はいくらぐらいが妥当でしょうか? マンションの郵便ポストに自分の住んでいるマンションを予算1700万円で探している方がいるというチラシが入りますが、その価格で本