他人の私道を通る必要がある土地が売れない

東京都心近くに住居用の土地を所有していますが、使用しないので近くの大手不動産会社に売却を依頼しました。

しかし半年近く経ちましたが一向に売れません。他の人が所有している私道を通らないと公道に出れず、建築資材の搬入が大変などの悪条件があるためです。私道が2項道路に該当するため、建築確認を取ることはできます。

売却価格を相場の半額程度に下げましたが、買取希望者は現れません。アパート建築を目的とした照会は、そこそこあるとのことです。隣地居住者との交渉もうまくいきませんでした。

価格を下げてでも売却したいと思っています。仲介業者を変えたほうがいいでしょうか?良い方法がありましたら、教えてください。

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

媒介契約の種別が専任媒介、専属選任媒介契約であれば、仲介業者は、買い手を広く探すためにレインズと呼ばれる不動産業者が閲覧できるデータベースに預かった物件の情報を登録し、不動産業者間で共有しなければならない法的義務があります。

不動産業者の一日は、まず朝一番、レインズに販売活動エリア内の新規物件が登録されているかをチェックすることから始まると言っても良いでしょう。通常であれば、媒介契約を締結してから数日以内に同エリア内のほとんどの不動産業者が、新規物件の販売資料を作成し、買い手を探し始めます。

つまり、すでに市場に出回っている物件であれば、闇雲に仲介会社を変えたところで、販売活動の規模に影響はなく、あまり効果はないように思います。

では、どうすれば良いのか?

今後の売却に向けてのアドバイスですが、文面以外の物件の詳しい情報がわかりませんので確実なことは言えませんが、まずは、売れない原因が価格にあるのかをもう一度検証し直す必要があると考えます。

前道が、道幅の狭い私道ということですが、2項道路なので建築確認申請の際は問題ないでしょう。

また、たとえ私道であっても建築基準法上のみなし道路である為、日常的に当該通路を使用する必要がある者の通行の妨害をするために工作物を設置したり、勝手に道を廃止したりすることはできません。

しかし、実際には、通行使用料を請求されたり埋設管敷設のための掘削に同意してもらえなかったり、中には、通行できないように物を置かれたりして裁判沙汰になるケースもあります。私道には、将来のこういったリスクがあります。

買い手の立場から考えた場合、将来の前道のことで裁判沙汰なるまで揉めるかもしれない物件を市場価格の半額とは言え、決して安くはない金額で買おうと思いますか?つまり、売れない原因は、金額ではなく、私道特有の将来リスクにある可能性があります。

このような私道の将来リスクを少しでもなくすために重要なことは、私道の所有者との間で少なくとも通行や掘削、維持管理などに関して将来、揉め事が起こらないように書面などで取り決めが交わされていることです。

私道の所有者が個人の場合は、特に感情的な争いが将来起こらないように取り決めをしっかりと結んでおくことが重要です。

書面を交わしておけば、100%とは言えませんが、ある程度の将来リスクは回避できるでしょう。またこのような書面があることは、買い手側にとっても安心材料となり、買い手が見つかりやすくなるでしょう。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

  • 地目畑を2人に分けて売却できないか相談された

    地目畑のひとつの土地をふたりの買主にわけて売る事ができないと不動産屋さんに言われました。どういう理由か知りたいので教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 土地の売却で、登記簿と測量結果が違った場合は?

    土地の売却を予定しています。登記簿上では100㎡で、買い手側が測量したところ、99㎡だったのですが、買い手側の測量結果に基づいて売買契約を締結した場合、その後の所有権移転の登記等に影響はありますか?

  • 土地売却で買った人に瑕疵担保責任を負う必要がある?

    居住用自己所有地の土地を売却します。引き渡しまでに建物を解体して引き渡す予定で、不動産業者に間に入っていただいてハウスメーカーが購入します。不動産業者を仲介して土地を売り渡す時、業者ではない自分は買い受けた方に対して瑕疵担保責任を負うのでし

  • 地目が田畑の土地を売る方法

    周囲が田んぼの土地は農地転用ができないので、農業をしている人にしか売れないと言われました。農業委員会に相談しましたが買う人はいないと言われています。跡取りがおらず売りたい人もいると思いますが、どうしているのでしょうか? また県道に面してい

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

  • 土地の売却
    【土地売却の方法】土地売却の流れと相場を知るには

    土地の売却方法は不動産会社の仲介で売買するのが一般的です。複数の業者に一括査定を依頼して、媒介契約を結ぶ不動産会社を選び、レインズに登録・公開して買主を探します。土地は居住中の内覧がないので買主・売主に負担が少ないです。売れなければ買取も検討しますが、金額は相場より安くなります。ただ仲介手数料や費用が抑えられ、瑕疵担保責任がないのがメリットです。

  • 土地の売却で境界確認をする流れとトラブル対策のポイント
    土地の売却で境界確認をする流れとトラブル対策のポイント

    さて売却土地の境界についてですが、銀行は物件の担保価値を確定のためには境界の確定がされているほうが良いです。この土地売却時の測量と境界確認は、売却後の

  • 土地売却で税金が控除できるものを解説
    土地売却で税金が控除できるものを解説

    土地の売却時には控除できる税金があります。決して売却価格そのものに対して税金がかかるわけではなく、いくつかのものが確定申告時に控除できる仕組みになって

  • 売れやすい土地と売れにくい土地は、利用価値で決まる
    売れやすい土地と売れにくい土地は、利用価値で決まる

    今回は、「数年前に相続した田舎(埼玉県郡部)の300坪ほどの土地が売れないので、放置したままにしているが、何とか売却したい」というご相談です。田舎の土

  • 土地が売れない時に買取をお願いするには
    土地が売れない時に買取をお願いするには

    土地を売却する際には、さまざまな理由があります。その中で早く売ったお金が欲しい事情がある場合、不動産会社に買取してもらうのがオススメです。そこで、土地

  • 査定で土地売却の価格相場を知る
    査定で土地売却の価格相場を知る

    土地売却には査定を行い、価格を知ることが重要です。あなたが土地を売却したいと思った時には、少しでも高く売却できればと思うものです。しかし、上手な売却を

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...