aaa
査定で土地売却の価格相場を知る

査定で土地売却の価格相場を知る

土地売却の際に査定を行い、相場の価格を知ることは大切です。土地売却には、不動産業者への仲介手数料や測量費用等の経費が必要になるため、販売計画を立てる上で重要になってきます。また、売却形式によっては価格や買い手売れ方に大きな差が生まれることもあるため、不動産会社に相談して行いましょう。

土地売却には査定を行い、価格を知ることが重要です。あなたが土地を売却したいと思った時には、少しでも高く売却できればと思うものです。しかし、上手な売却をするためには、査定を依頼する前に、自分で事前知識を仕入れておくことも大切です。そこで、スムーズな売買をするために「土地を売りたい」と思った時に覚えておきたいポイントをご紹介します。

土地の価格を把握する

土地を売却する場合には不動産業者に相談し査定を依頼することが多いものですが、査定をしてもらう前に自分でおおよその価格を調査するといいでしょう。査定前に価格を知るにはいくつかの方法があります。まず公的な地価を参考にする場合です。

全国地価マップなど、公的な土地評価情報を無料で比較・確認できるサービスがあります。このシステムは一般財団法人が運営しており、これを利用することで、全国都道府県どこの土地でも、個人でおおよその価格を把握できます。またインターネットを活用し、売りたい土地の周辺エリアの売買情報を確認するのもオススメです。掲載・登録されている土地の売却情報を見ることで、周辺地域の相場観が掴めるメリットがあります。この方法は、査定額や土地の価値よりも実際に売却取引されている価格の参考になります。

ただし、土地の売買価格は、面積が同じであっても査定される売却価格に差が出ます。実は、土地の形状や接道状況、道路との高低差の有無や接している道路幅、方角などによって査定金額は変わってくるものなのです。

土地の売却時にかかる費用を把握する

売買時にかかる費用についてみていきましょう。

仲介手数料

不動産業者に土地の売買を依頼する場合には、「仲介」か「買取」の方法がありますが、仲介で依頼した場合には、その買主と契約が成立した場合に「仲介手数料」が発生します。

引用:不動産ジャパン 不動産基礎知識

仲介手数料は上の画像のように上限が法律で決められています。価格によって仲介手数料は異なるものの、上限よりも高額な手数料を求められていないか、疑問に思ったことはきちんと確認することも大切です。

測量費用

土地を売買する時には、境界を明確にするために測量をするとトラブル防止に繋がります。しかし、相続などで古い時期に取得したような郊外の土地などでは、登記簿の公募面積よりも実際に査定すると「広かった」「狭かった」ということがあるのです。そこで購入後に隣地とのトラブルを防ぐ意味で、必要とされるケースも多くなっているようです。

一括査定をする

失敗しない土地売却を行うには、信頼できる不動産会社に査定をご相談・依頼を行いましょう。しかし、慣れない売却では、数ある不動産会社の中からどこに査定を依頼すべきか迷う方も多いです。

インターネットサイトの一括査定を選択するのも方法の1つです。土地情報を入力するだけで、簡単な査定が可能です。また、複数社に査定してもらうことで、大まかな土地の平均相場がつかめます。その結果から信頼できる会社をピックアップして実際の査定を依頼してみましょう。
不動産の査定

また売却方法には仲介・買取と2つの方法があり、仲介には以下の契約方法があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

簡単に言うと、一般媒介契約では複数の不動産会社に同時に売買を依頼できます。しかし、専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1社との契約しかできません。それぞれ内容やメリット・デメリットが異なります。
不動産売却の媒介契約の種類

広い土地は分筆も視野に

古家付きの不動産が売却されていれば、リフォームやリノベーション目的で購入する方も最近では増えています。しかし、土地だけの売却は、ほとんど投資や新築目的で、中古住宅を購入したい人は購入しませんので、必然的に買い手も変わります。また、さまざまな事情で売れないことも多いです。そこで売れない理由も把握し、先回りして対策することも重要です。

一般的に売却されにくい土地の特徴として、土地面積が広大だというのがあります。アパートやマンション物件をまるごと一棟建設したいなどという希望があればいいですが、一戸建て用の購入者には高すぎて売却されにくくなります。そこで広すぎる土地を分筆して分けて販売するという方法があります。ただし、接道義務が定められているため、建物用の土地は幅4m以上の道路に2m以上接する必要があります。
売れやすい土地と売れにくい土地は、利用価値で決まる

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 地目畑を2人に分けて売却できないか相談された

    地目畑のひとつの土地をふたりの買主にわけて売る事ができないと不動産屋さんに言われました。どういう理由か知りたいので教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 土地の売却で、登記簿と測量結果が違った場合は?

    土地の売却を予定しています。登記簿上では100㎡で、買い手側が測量したところ、99㎡だったのですが、買い手側の測量結果に基づいて売買契約を締結した場合、その後の所有権移転の登記等に影響はありますか?

  • 土地売却で買った人に瑕疵担保責任を負う必要がある?

    居住用自己所有地の土地を売却します。引き渡しまでに建物を解体して引き渡す予定で、不動産業者に間に入っていただいてハウスメーカーが購入します。不動産業者を仲介して土地を売り渡す時、業者ではない自分は買い受けた方に対して瑕疵担保責任を負うのでし

  • 地目が田畑の土地を売る方法

    周囲が田んぼの土地は農地転用ができないので、農業をしている人にしか売れないと言われました。農業委員会に相談しましたが買う人はいないと言われています。跡取りがおらず売りたい人もいると思いますが、どうしているのでしょうか? また県道に面してい

  • 他人の私道を通る必要がある土地が売れない

    東京都心近くに住居用の土地を所有していますが、使用しないので近くの大手不動産会社に売却を依頼しました。 しかし半年近く経ちましたが一向に売れません。他の人が所有している私道を通らないと公道に出れず、建築資材の搬入が大変などの悪条件があるた