家の買い替えでオススメの不動産会社の見分け方

家の買い替えでオススメの不動産会社の見分け方

家の買い替えは不動産会社に依頼することが多くあります。売却と購入をどちらから進めるかも大切ですが、どんな不動産会社に依頼するのか、家の購入と売却で不動産会社を分けるのかも、家の買い替えを成功させる大切なポイントです。

家の買い替えや売却で、これから不動産会社に訪問する場合、どの不動産会社に依頼するのが良いか、またオススメの選び方、判断基準を説明します。

複数の不動産会社選択

①複数の不動産会社を選択

買い替えの場合ならまず一括査定サイトを使って自宅の売却査定をします。この査定額の中から、自分の希望額に近いか高い提示があった不動産会社を選びます。

②買い替えの場合

自宅の売却がなかなかできない場合、先に新居を手配してしまうと、現住居が売れない場合など新居を購入するための資金が不足になります。これを避けるには

  • 買い替え保証
  • 買取保証
  • つなぎローン紹介

が可能な不動産会社を選んでおくのが無難でしょう。

③納得性

しかし、

  • 自分も納得したい
  • 早く売りたい
  • 高く売りたい
  • 仲介手数料に対する見識が欲しい

などの優先させたい条件があれば客観的な視点でこだわる項目を優先させて、不動産会社候補を選び直すと後々でも納得できます。

納得性を得る客観的視点

各社とも良いことばかり言うので、なかなか甲乙がつけられなくて、困ってしまう場合があります。このため客観的視点で不動産会社を選択評価する場合の評価基準について説明します。

一般に不動産会社のサイトでは内容に差異があるように見えないのが普通でしょう。まずサイトで公表している特長や顧客メリットが記載されている場合、鵜呑みにせずにその根拠がわかりやすく公表されているかがポイントです。根拠の記載がなければ最悪ですが、きちんと数字を添えてサイトやイラストなどで根拠の記載と説明されていれば信用性は大丈夫です。

①取引の安全・安心

信頼、実績、コミュニケーション、相談体制、コールセンターの有無から判断します。

②顧客のベネフィット(メリット)

柔軟な仲介手数料設定、利益相反にならない売り手専任制、売却価格の納得性の有無から判断します。

③個性的な特徴サービス

他の不動産会社と違う魅力のあるサービスの有無から判断します。

家の買い替えのポイントと判断基準

このような項目と判断基準で5段階評価しています。

早く決まる=成約実績がある3ヶ月成約率の公表、事前登録客保有、充実サイト活用特定エリア圏
妥当価格で売れる=査定能力がある査定機能保有、現地査定実施、営業担当スキル
買い替えも安心=ローン能力がある金融機能、FP活用、ローン相談、買い替え保証
顧客やCSR志向=手数料、真摯、相談片手志向、社会貢献、発信力、双方向、公器性、営業時間

この中で、ご自分が納得のための重要と思われるものに絞ってみるのも良いと考えます。

住み替えの流れを、不動産の購入優先・売却優先・同時進行に分けて解説

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 貸していたマンションを売却したいが、別の市に引っ越した

    今回、姉に貸していたマンションを、売ることになったのですが、私はA市に住んでいるため、住民票も移動済み。 しかし、B市にあるマンションを売買しようとすると、一旦、B市に住民票を移さなくては、手続きの際に別に費用がかかると、言われました。

  • 実家に住み替えるためにマンションを売却するか検討

    子供が独立して現在住んでいるマンションは夫婦だけになりました。母親が亡くなってから空き家となっている実家があります。マンションを引き払って実家に住み替えるか、将来のことを見越して考えています。 まずはマンションの価値を知りたいので、査定を

  • 転職と移住で、住宅買い換えローンを利用する場合

    転職と移住に伴う住宅買い替えローンに関する質問です。2006年3月に都内で新築一戸建てを購入し、妻と2200万づつ計4400万のローンを組みました。 このたび、北海道へ転職することになり、新たに2500万前後の住宅を購入したいと考えてます。

  • 一戸建て売却で残った住宅ローンの返済中に家を購入できる?

    4年前に一戸建てを購入しましたが、実家近くに引っ越すので現在の家を売却する予定です。ただ、もし家の査定価格で売れたとしても約500万円の残債が発生します。その場合、一括返済する住宅ローンのような低金利のローンはあるのでしょうか?そのローンを

  • 売却損も含めたローンの借り入れは、建売住宅限定?

    子供も大きくなったので、マンションから一戸建てへの買い替えを考えています。でも、今のマンションを売却してもローンが多少残ってしまい、頭金に考えていた分では払いきれそうにありません。 売却損なども含めた金額のローンも組めるそうですが、それは

関連する売却体験談

榊原さん(仮名・30代)
東京都練馬区

遠くへ引っ越すために一戸建てを売却。引っ越ししてからの売却のため、内覧に不自由はないが、価格交渉等ができなかったのが心残り。

購入価格
4000万円
ローン残債
0万円
売却価格
3000万円
米倉さん(仮名・30代)
京都府京都市右京区

買い替えのため、一戸建てを売却。ネット検索で見つけた不動産会社は担当者によって対応が違い、値下げばかり要求される会社もあるとのこと。

購入価格
3800万円
ローン残債
3100万円
売却価格
2500万円