aaa
心理的瑕疵の条件と告知義務を判例から考察する

心理的瑕疵の条件と告知義務を判例から考察する

心理的瑕疵は事故物件に代表されるように告知義務があります。しかし告知義務のない内容であっても、裁判の結果、損害賠償を請求されることがあります。心理的瑕疵は明確な基準があるわけではなく、事故や事件が起きていなくても問題やトラブルのある不動産は伝えておくのが懸命です。

不動産の売却で発生するトラブルの一つとして心理的瑕疵があります。今回は心理的瑕疵の適応範囲と売主が負わなければならない保証の範囲、そしてトラブルに発展しない対策を記載していきます。

心理的瑕疵とは?

心理的瑕疵とは、心理的な要因で抵抗を覚える要素がある物件につけられる名称で、ワケあり物件や事故物件に使われる名称です。具体的には以下の条件に該当するものを指します。

  • 自殺・殺人などが起こった
  • 事件・事故が発生した(死亡以外も含む)
  • 不動産周辺で大きな事件・事故があった
  • 周辺に嫌悪施設が存在する

これらが心理的瑕疵と分類されますが、上記に当てはまっていなくても心理的瑕疵と認められることがあります。買主が気味が悪い(瑕疵がある)と感じ、裁判で認められれば心理的瑕疵として該当してしまいます。上記の心理的瑕疵は告知義務がありますが、告知義務のない事例でも買主の心情によって心理的瑕疵に該当することがあります。

心理的瑕疵の対策

重要項目記載事項に告知義務がない事件・事故、つまり心理的瑕疵の条件ではないモノであっても、買主に伝えないことで心理的瑕疵による賠償責任が発生する可能性があります。判例を参照する限り、過去にどういった事件があったかではなく、買主(重要項目説明外も含む)事実を知った上で購入したかが争点になります。

そのため売却できなければ仲介手数料が入らない不動産会社に「○○があったことは黙っておきましょう」と唆され、告知しなかった結果、心理的瑕疵による賠償責任を負う可能性があります。何度も書きますが、告知義務のある心理的瑕疵は当然伝える必要がありますが、告知義務のない要素でも瑕疵になりうるものは買主に伝えておくことが大切です。

逆に言えば、事実を説明して購入したのであれば心理的瑕疵による損害賠償責任は過去の判例を元に考えても発生していないことが分かります。ですので対策としては心理的瑕疵になりそうな要素は誠実かつ正直に告知するのがトラブル回避の対策です。

心理的瑕疵の不動産価格

不動産の売主からすれば正直に伝えることで物件価格が下がってしまうのが心配な方もいらっしゃると思います。その対策として心理的瑕疵の発生要因である、事件・事故を起こした当人・親族・保証人に損害賠償請求を行い、補填するのが不動産業界では一般的です。ごまかして価格が下がらないようにするのではなく、売却価格が下がるのを許容した上で、その原因となった人に損害賠償請求を行うという形です。

ただ注意点として、孤独死だと賠償請求できる人がいないので注意が必要です。もし不動産を賃貸に出している場合は事前に防止するしか方法はありませんので、入居者選びの際に保証会社だけでなく保証人を必須にして入居者を選ぶなどの工夫が必要です。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • ローンが終わるまで持っているか、今マンションを売るか、どちらが良い?

    主人が独身時代に買った3LDK14階建ての6階部分のマンションがあります。1700万購入で今査定をお願いしたら1250万ということでした。築11年です。現在賃貸に9万で出しています ローンは今残金1550万くらいです。月6万返済で固定資産

  • 騒音問題がある訳あり物件の買取を希望しています

    マンションの売却を考えています。騒音問題で訳ありの物件なので買取を希望しています。買取の場合、不動産屋さんにはきちんとした理由を話さないといけないのでしょうか?また理由を伝えなかった場合は裁判で訴えられたりとかはあるんでしょうか?

  • 騒音問題があったので一戸建てに住み替えたい

    家族で分譲マンションに住んでいますが、騒音問題があったので一戸建てへの住み替えを考えています。マンションの査定はまだ申し込んでいませんが、ネットの自動査定でみると3000万円が相場のようです。40歳くらいでも、今から一戸建てに住み替えること

  • マンション売却時、昔あった階下住民とのトラブルの告知義務

    マンションを売却するにあたり、5年以上前の階下の住民とのトラブルを告知する必要はありますか?当然、この5年間は、何のトラブルもありませんでした。トラブルの内容はいわゆる生活音についてです。ただ今回の売却理由は、このトラブルとは一切関係ありま

  • マンションの買取に条件を提示された

    事情があって実家を売却しようと考えています。築年が古く、10部屋以上ある家なので、買い手がなかなか見つかりません。家のすぐそばに、マンション建設のために土地を買った会社があります。 その会社は地域住民の根強い反対運動で、マンション建設計画

関連する売却体験談

菅沼さん(仮名・30代)

借金の返済のために祖父母から譲渡された一戸建てを売却。しかし境界線の問題で、なかなか売れずに、知り合いの不動産会社が解決してくれた事例。

購入価格
0万円
ローン残債
0万円
売却価格
1100万円