売主の瑕疵担保責任の解説と特約の有効性・裁判対策について

売主の瑕疵担保責任の解説と特約の有効性・裁判対策について

売主として瑕疵担保責任はしっかり知っておく必要があります。どうしても不動産を売りたいあまり、聞かれた情報以外は答えない売主も少なくありませんが、買主は所有し続けるので問題がありそうなことは誠実に伝えて無用な瑕疵担保責任を回避するのが吉です。

売主と買主間の紛争原因となる瑕疵担保責任と対策について記載します。

※この記事では分かりやすくするために宅建業者を不動産会社と記載しています。

瑕疵担保責任の瑕疵とは?

瑕疵担保責任における瑕疵とは、法律用語で買主が予想する完全性が欠けていることを指します。早い話が欠陥商品で、これを全てひっくるめて瑕疵と呼びます。不動産における瑕疵には大きく分けて2種類あり、一般的な構造的欠陥・欠落を指す設備的瑕疵と、設備に問題はないものの買主が所有するにあたって心理的な不快感を感じる要素を指す心理的瑕疵があります。

※心理的瑕疵については判例から見えた心理的瑕疵の条件と対策をご覧ください。

前者は基礎部分のひび割れや雨漏りなど、後者は自殺・病死、事件発生などといった要素が挙げられます。

売主の瑕疵担保責任とは

不動産の売却後に瑕疵が発見された場合、売主が買主に保証を行わなければならないのが瑕疵担保責任です。瑕疵担保責任は善意・無過失(売主が把握しておらず、過失がなかった場合)でも補償義務が生じるため、この部分が往々にして紛争要因となります。

買主が売主に請求できる保証としては損害賠償および契約解除ですが、過去の判例を参照すると住居もしくは建築が不可能と裁判所に判断された場合でない限り、契約解除は認められていません。そのためほとんどが損害賠償請求となります。これらの損害賠償を買主が売主に請求できる期間は、買主が瑕疵を発見した日から1年以内となっています。

また買主保護のため、売主が不動産会社の売買契約に特約をつける場合でも、民法の規定より買主に不利となる特約は原則つけることができないと規定しています。ただし不動産会社ではなく、個人が売主になる場合はこの限りではなく、○○のみ瑕疵担保責任を認めるといった瑕疵担保特約を付加することが一般的です。

参考:瑕疵担保責任を短縮した特約は有効なのかを争った裁判例

また売主が不動産会社であっても、瑕疵担保責任を負う期間は不動産会社も特約をつけることができ、物件引渡しの時より2年以上とすることで買主が不利になる特約を付加することもできます。

瑕疵担保責任の特約は有効?

契約書の特約で、売主が瑕疵担保責任は負わないとする免責事項を規定することがあります。これが瑕疵担保特約です。これは売主が個人なら有効、売主が不動産会社であれば、覚書で買主が承認していたとしても無効です。不動産会社は宅建業法により、最低でも2年の瑕疵担保責任を負う法的義務があります。これはプロだから問題があるかは判断できるし、できなければ実力不足が原因なので責任を負いなさいということです。

逆に言えば個人の場合、そういった事情は加味されないので瑕疵担保特約は有効となります。ただし個人が瑕疵担保特約を結んだとしても、瑕疵があることを売主に隠していた・説明していなかった状況での売買や、知らないはずはなかったと裁判所に判断される瑕疵については損害賠償義務が発生します。

あくまで瑕疵担保責任免除の特約の有効性は売主が善意・無過失であった場合に限られます。

売主の瑕疵担保責任の回避方法

設備的瑕疵・心理的瑕疵に限らず、売主が瑕疵担保責任による損害賠償を完全に回避する方法は一つです。それは売買交渉時に瑕疵があることを正直に申告することです。これを行っておけば仮に説明した瑕疵で損害賠償請求を行われたとしても、ほとんどの場合で、瑕疵を知った上で価格に合意して売買が行われたため、裁判でも請求を破棄される判例が出ています。

特に病死などの場合は契約時の重要項目説明事項などに記載義務もないため、隠して売却もしくは告知義務がないから告知しなくても大丈夫と思って、売却してしまう方がいますが、これは立派な瑕疵であり、損害賠償請求案件です。重要項目説明事項の義務と瑕疵説明の義務は別問題ですので、売主として混同しないようにしましょう。

売主の瑕疵が発生した場合の対策

もし瑕疵が発生した場合、売主は買主と瑕疵担保責任による損害賠償額の調整を行うか裁判で争うかの2択となります。基本的な流れは売主が瑕疵として認める場合、買主に損害賠償額の根拠を提示してもらい、そこから金額を調整していくことになります。

瑕疵を認めないもしくは損害賠償額の折り合いがつかなかった場合は裁判で争うことになります。過去の判例を見ると買主は瑕疵を知った上で購入したのか?売主はしっかりと説明したのか?損害賠償額の筋は通っているか?が争点となります。

つまり話し合う内容は当事者間の交渉と変わらず、第三機関である裁判所に客観的に判断してもらうのが瑕疵担保責任における裁判紛争となります。そのため、裁判と聞けば大げさなものに感じがちですが、請求に納得できない場合で上記の条件を加味して売主の自分に非がないと思った場合には裁判を避ける必要はありません。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • ローンが終わるまで持っているか、今マンションを売るか、どちらが良い?

    主人が独身時代に買った3LDK14階建ての6階部分のマンションがあります。1700万購入で今査定をお願いしたら1250万ということでした。築11年です。現在賃貸に9万で出しています ローンは今残金1550万くらいです。月6万返済で固定資産

  • 騒音問題がある訳あり物件の買取を希望しています

    マンションの売却を考えています。騒音問題で訳ありの物件なので買取を希望しています。買取の場合、不動産屋さんにはきちんとした理由を話さないといけないのでしょうか?また理由を伝えなかった場合は裁判で訴えられたりとかはあるんでしょうか?

  • 騒音問題があったので一戸建てに住み替えたい

    家族で分譲マンションに住んでいますが、騒音問題があったので一戸建てへの住み替えを考えています。マンションの査定はまだ申し込んでいませんが、ネットの自動査定でみると3000万円が相場のようです。40歳くらいでも、今から一戸建てに住み替えること

  • マンション売却時、昔あった階下住民とのトラブルの告知義務

    マンションを売却するにあたり、5年以上前の階下の住民とのトラブルを告知する必要はありますか?当然、この5年間は、何のトラブルもありませんでした。トラブルの内容はいわゆる生活音についてです。ただ今回の売却理由は、このトラブルとは一切関係ありま

  • マンションの買取に条件を提示された

    事情があって実家を売却しようと考えています。築年が古く、10部屋以上ある家なので、買い手がなかなか見つかりません。家のすぐそばに、マンション建設のために土地を買った会社があります。 その会社は地域住民の根強い反対運動で、マンション建設計画

関連する売却体験談

菅沼さん(仮名・30代)

借金の返済のために祖父母から譲渡された一戸建てを売却。しかし境界線の問題で、なかなか売れずに、知り合いの不動産会社が解決してくれた事例。

購入価格
0万円
ローン残債
0万円
売却価格
1100万円